筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



きゅうりとエリンギの梅和えの作り方
梅干しは和えものを作る際に使いやすい食材です。 これまでに、そのような料理として、れんこんの梅和え枝豆の梅みぞれ和えなどの作り方を紹介しましたが、 今回は、きゅうりとエリンギの梅和えの作り方を紹介します。

きゅうりとエリンギの梅和え(2人分)
材料 きゅうり・100g エリンギ・100g 梅干しの果肉・小さじ1 塩・少々 しょうゆ・小さじ1/4

① きゅうりを小口切りにし、塩を振ってもむ。
② きゅうりがしんなりしてきたら、洗って水けをきる。
③ エリンギを縦半分に切り、網焼きにする。
④ エリンギが焼けたら、半分の長さに切り、食べやすい大きさに裂く。
⑤ 梅干しの果肉としょうゆを混ぜる。
⑥ ⑤ときゅうり、エリンギを和える。

今回紹介したレシピは、カロリーを抑えているので、酒のつまみなどにも適しています。ゆでた鶏ササミなどを加えるなどのアレンジをしやすいので、作り方を覚えておくと便利だと思います。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking


ファーマーズウォーク
これまでに握力を鍛えるトレーニングとして指立て伏せボール・グリップなどを紹介してきましたが、 ファーマーズウォークもそのようなトレーニングの1つです。 今回は、ファーマーズウォークを紹介します。

ファーマーズウォーク
必要なもの・電話帳(またはそのくらいの厚さ・重さのもの)2冊

① それぞれの手で5本の指で挟み込むように電話帳を持つ。
② そのまま歩きまわる。

ファーマーズウォークは一見地味なトレーニングですが、慣れないうちは、しばらく続けていると前腕に疲労がたまっていきます。 負荷を増やしたい場合は、持ち手の部分の邪魔にならないようにひもで重りをつるすなどの工夫が必要です。 また、複数の電話帳をガムテープで固定することでも負荷をあげることができます。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking


長ねぎの青い部分を使ったねぎ味噌
これまでに、食材の余った部分を使った料理として、かぶの葉の混ぜご飯えびの殻と唐辛子のスープ大根の皮と小松菜のからし和えキャベツの芯の酢漬けなどの作り方などを紹介してきましたが、 長ねぎの青い部分もうまく利用すれば料理に使うことができます。 今回は、長ねぎの青い部分を使ったねぎ味噌の作り方を紹介します。

長ねぎの青い部分を使ったねぎ味噌
材料 長ねぎの青い部分・200g 麦味噌・25g 豆味噌・25g ごま油・大さじ1 水・1/4カップ
     いりごま(白)・大さじ1 柚子のしぼり汁・少々

① 長ねぎの青い部分を5mmぐらいの小口切りにする。
② 鍋にごま油をひき、強火で①を炒める。
③ 長ねぎの上に麦味噌と豆味噌をのせ、水を加える。(ただしかき混ぜない)
④ ③に蓋をして煮て、煮立ったら弱火にする。
⑤ 水分がなくなり、端に焦げ目がついてきたら、木べらでかき混ぜる。
⑥ 水気がなくなったら火を止める。
⑦ いりごまと柚子のしぼり汁を加えて混ぜる。

今回紹介したレシピは、単にご飯や野菜などにのせるだけでも使えますが、 工夫次第で色々な料理と組み合わせることができます。 使い勝手がいいので、新鮮な長ねぎが手に入ったときにまとめて作っておくと便利です。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

ディッピングベルト
チンニング(懸垂)自重トレーニングですが、自分の全体重が負荷となるため、たいていの場合、強度の高い筋トレになります。負荷を弱くしたい場合は、チューブチンニング振り子懸垂ヒール・エレベイテッド・チンニングなどをやることができます。逆に、負荷を高くしたい場合は、ディッピングベルトが利用できます。

ディッピングベルトというのは、以下のような形をしたトレーニング補助器具です。

鎖の部分にダンベルなどのプレートをつけ、ベルトを腰に巻くことで、自分の体重を超えた負荷でチンニングをおこなうことができます。ディッピングベルトは全ての人におすすめの器具というわけではありませんが、特定の自重トレーニングの負荷をあげたい場合に便利です。ただし、家庭用の懸垂マシンで利用する場合は、耐荷重をきちんと確認し、自分の体重とプレートの重さの合計が耐荷重以下になるように調節してください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking