筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



水中ストレッチのメリットとデメリット
アクアエクササイズのように水中でおこなうトレーニングは、 水の浮力や抵抗を利用することができます。 ストレッチは、身体の柔軟性を高めることのできるエクササイズですが、 水中でおこなうことによって以下のようなメリットがあります。

水中ストレッチのメリット
・関節の可動域が広くなる。
・怪我をしにくくなる。

水中では水の浮力があるため、身体を支えるための筋肉を弛緩させた状態でストレッチをおこなうことができます。 そのため、普段よりも関節の可動域が広くなり、やりやすくなります。 また、転倒などの危険性がなくなるため、怪我をする恐れが減ります。 しかしながら、水中ストレッチには以下のようなデメリットもあります。

水中ストレッチのデメリット
・オーバーストレッチになりやすい。
・おこなうことのできるストレッチが限られる。

水中ではストレッチをやりやすくなりますが、これは同時にやり過ぎてしまう可能性があることも意味します。 そのため、オーバーストレッチにならないように注意が必要です。 また、体勢によってはおこなうことが難しいストレッチもあり、水中でできない場合もあります。

水中ストレッチにはメリットとデメリットがありますが、うまく利用すれば、 効率よくストレッチをおこなうことができます。 プールなどでトレーニングをおこなう方は、試してみてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1004-52b5d65d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)