筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



遠山の目付け
相手と対峙するスポーツや格闘技などでは、目から得る情報が重要になります。目に見える範囲のことを視野と言いますが、これには中心視野周辺視野があります。人間の場合、中心視野と周辺視野は、以下のようになります。

中心視野・・・視線の中心から約20°の円。

周辺視野・・・中心視野の周囲で上下に約130°、左右に約180°の楕円。


中心視野は、物の形の細部を判別したり、色を識別したり、文字を見るのに適していますが、見える範囲は狭いです。一方、周辺視野は、物の細部を把握するのには適しませんが、見える範囲が広いです。また、周辺視野は、中心視野よりも動いているものを見るのにも適しています。

遠山の目付けというのは、周辺視野を用いて相手の全体像を見る技術です。周辺視野の特性から、以下のようなメリットがあります。

遠山の目付けのメリット
・広い範囲から情報を得られる。
・相手の動作に反応しやすい。
・目が疲れにくい。

遠山の目付けでは、広い範囲から情報を得られたり、相手の動作に反応しやすくなったりします。また、周辺視野を用いるため、周辺視野を使った場合よりも視線の移動が少なくなります。そのため、目が疲れにくくなるというメリットもあります。

遠山の目付けは、スポーツや格闘技だけでなく、読書や車の運転をする際などにも応用することができます。周辺視野をうまく使えない場合は、以前、ビジョントレーニングとして紹介したコップ視野などが役立ちます。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1014-2e446cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)