筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



持久力を高めることは筋力アップにつながる
以前、最大筋力を高めることは持久力向上につながることについて書きましたが、 これとは逆に、持久力を高めることが筋力アップにつながります。

最大筋力を高めるためには、高負荷、低回数の筋トレが効果的です (レペティション・マキシマムに基づく筋トレの負荷設定)。 また、効率よく筋肉を鍛えるためには、セットシステムが有効です。 持久力が高いと、疲労回復が早くなりますが、 セットシステムを用いて筋トレをおこなう時、セット間の休憩時間に前のセットの疲労を効率よく回復させることができれば、 次のセットで力を発揮しやすくなり、質の高いトレーニングをおこなうことができます。 サーキットトレーニングなどのように、いくつかの種目をまとめておこなう場合にも、同様の効果が期待できます。 したがって、長期的に考えると、持久力を高めることが筋力アップに良い影響を与えるということが言えます。

短距離走や格闘技などの瞬発力を求められる種目をおこなっている方も、大会などで1日に何回か競技をおこなう場合があります。そのような場合、持久力が高い方が、休憩時間に効率よく疲労を回復させることができ、よりよいコンディションで次の競技に望むことができます。そのため、瞬発力系の種目をおこなっている方も、持久力を向上させるトレーニングをする意味があります。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント
参考にさせていただきます。
初めまして。ブログ訪問ありがとうございます。
私は瞬発系のスポーツをしているのですが、
1時間を過ぎたり、激し目にプレーするとどうしても
脚にガタが来出します(トレーニングは最大筋力をしています)。
筋持久力をつけ、長時間パフォーマンスを維持するため参考にしたいと思います。
【2012/11/22 18:14】 URL | 週4で運動する健康管理者:佐ヶ京依 #- [ 編集]


>佐ヶ京依さん

コメントありがとうございます。

瞬発系のスポーツをしているのであれば、クロストレーニング(http://un6toys.blog100.fc2.com/blog-entry-206.html)としてジョギングや水泳などを取り入れると、パフォーマンスの向上につながるかもしれません。
【2012/11/22 20:03】 URL | un6toys #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1022-50c2789e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)