筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



トレーニングバンド
トレーニングバンドというのは、チューブに似たゴム製のエクササイズ器具ですが、 チューブよりも薄く、帯状になっています。 トレーニングバンドはセラバンドやシェイプバンドといった商品名で販売されています。

セラバンド
シェイプバンド

トレーニングバンドは、チューブと同様の使い方もできますが、 その形状を活かして、コンプレッション・ストレッチに使うことができます。 コンプレッション・ストレッチでは、手や器具などを使って筋肉を軽く圧迫し、 普通のストレッチとは異なる刺激を与えます。 ストレッチをしたい部位にトレーニングバンドを巻き付ければ、その周辺を均等に圧迫できるので、 手軽にコンプレッション・ストレッチをおこなうことができます。

トレーニングバンドを使ってコンプレッション・ストレッチをおこなう時に注意しなければならないのは、 圧迫する強さの調節です。 圧迫が強すぎると、痛みを感じたり、血圧を急激に上昇させてしまったりするため、危険をともないます。 なので、心地よさを感じる程度の強さになるように巻いてください。 また、同じ箇所にトレーニングバンドを巻き付ける時間を短時間(2~3分程度)に抑えることも重要です。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1067-9918cc50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)