筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



心拍計の種類
心拍数を測定しながら、適度な強度でやるトレーニングを心拍数トレーニングと言います。 以前、心拍数を計測する器具として、マイコーチペーサーを紹介しましたが、 最近では、色々な計測器が販売されています。 心拍計にはいくつかの種類がありますが、以下のように分類できます。

トランスミッター型
胸部に心拍センサーをつけ、腕時計型などの受信機に心拍数のデータを送る。 運動中に常時計測ができるため、トレーニングに使いやすく、他のタイプと比べてデータが正確。 ただし、価格は高め。

脈拍計測型
指や手首にセンサーをつけ、脈拍を計測する。 胸部のセンサーを必要としないため着脱は簡単で、 心拍数の常時計測もできる。 ただし、強度が高い運動では、測定値が不正確なものもある。 価格は、機能によって変わる。

指先計測型
指先をセンサーに押し付けて計測する。 胸部のセンサーを必要としないため着脱は簡単だが、 心拍数の常時計測はできない。 また、強度が高い運動では、測定値が不正確。 価格は安い。

心拍計とよばれる器具の一部は、心拍数でなく脈拍数を計測しているものもあります。 通常は心拍数と脈拍数は等しくなるので問題ありませんが、不整脈などの場合、これらの値が変わることもあります。 したがって、厳密に心拍数を知りたい場合は、トランスミッター型の心拍計を用意する必要があります。 目的次第では、脈拍計測型や指先計測型でも十分に活用できるので、 トレーニングの強度やどの程度正確なデータが欲しいかなどに合わせて、使う心拍計を決めてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1144-356949c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)