筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



塩分コントロール
食塩の摂り過ぎは高血圧などにつながるため、注意が必要です。 また、むくみの原因にもなるため、ダイエット中の方も塩分の摂り過ぎは気をつける必要があります。 塩分を摂り過ぎると、身体が水分をため込みやすい状態になります。 そのため、顔などがむくみ、水分の代謝が悪くなるため、不純物を体内にため込みやすくなり、身体に悪影響を及ぼすこともあります。 加えて、塩辛い味付けに慣れると、それに伴って、ご飯やパンを食べる量が増えがちなので、摂取エネルギーが多くなりやすいです。 以上のことから、ダイエットを成功させるためには、塩分コントロールが役立ちます。

塩分コントロールでは、塩分の摂取量を抑えることと体内の塩分の排出量を増やすことによって、塩分を調節します。 塩分の摂取量を抑えるためには、薄い味付けに慣れる(薄い味つけに慣れるとダイエットに役立つ薄い味つけに慣れるためのコツ)、 減塩・無塩の調味料を使う(減塩にも役立つ水塩スパイスの使い方の例)ことなどが有効です。 また、体内の塩分を排出するためには、カリウムを多めに摂る、汗をかく(有酸素運動ダイエットにも役立つデトックス入浴はダイエットに役立つ)ことなどが有効です。

塩分コントロールをする際に注意しなければならないことは、塩分の不足です。 適度な塩分は身体に必要なので、ある程度は摂る必要があります。 普段、運動などでよく汗をかく方や、暑い時期などは、塩分が少なくなりやすいので、 塩分不足に注意してください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1147-26126aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)