筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



GI値を上下させる要因
グリセミック指数(GI値)は食べ合わせなどによって変動します。今回はその変動要因を説明します。

グリセミック指数は食品の糖質含有量と消化スピードによって左右されます。糖質含有量が多く、消化スピードの速い食品ほどグリセミック指数が高くなる傾向があります。

調理法による変動
・麺類は茹ですぎるとGI値が上がる。

・食品をすりおろしたりつぶしたりするとGI値が上がる。
フルーツジュースやマッシュポテトなどはGI値が上昇する。

・砂糖を加えるとGI値が上がる。

食べ合わせによる変動
・タンパク質との食べ合わせによりGI値が下がる。
ご飯をそのまま食べるより、納豆かけご飯の方がGI値が低くなるなど。

・脂質との食べ合わせによりGI値が下がる。
ご飯をそのまま食べるより、チャーハンの方がGI値が低くなるなど。

・食物繊維との食べ合わせによりGI値が下がる。
精白米よりも食物繊維を多く含む玄米の方がGI値が低いなど。

GI値は調理法を注意したりバランスのよい食事を摂ることによって、低く抑えることが可能です。
逆に、GI値を低くするために炭水化物をまったく食べないというようなバランスの偏った食事をすると、栄養不足になり、筋肉が減ったり骨が弱くなる原因となるので注意しましょう。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/130-03dd2f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)