筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



熱中症対策
熱中症というのは、暑い環境でおこる障害の総称です。

人間の体は体温を下げるために2つの方法を使っています。1つめは、皮膚からの熱の放出です。もう1つは、汗をかいて、汗が蒸発する時に熱を奪うはたらきを利用しています。体温よりも気温のほうが高いため皮膚からの熱の放出ができない、湿度が高すぎて汗が蒸発しにくいなどのようなことが原因となり、体温を下げる機能が正常にはたらかなくなると、体温が上昇して熱中症になります。

熱中症は症状によって熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病の4つに分類されています。

熱失神
原因 
・高温や直射日光によって血管が拡張し、血圧が下がることによっておこる。

症状
・めまいをおこす。
・失神する。
・顔面蒼白となる。
・脈は速く・弱くなる。

熱痙攣
原因
・水分だけしか補給しなかった場合などに、血液の塩分濃度が低下しておこる。

症状
・筋肉に痛みをともなった痙攣・硬直がおこる。(足、腕、腹部など)

熱疲労
原因
・体内の水分不足と血液の塩分濃度の低下によっておこる。

症状
・脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられる。
・体温は正常かやや高くなる。

熱射病
原因
・体温調節機能が失われることによりおこる。中枢機能に異常をきたした状態。

症状
・体温が40℃以上になる。
・意識障害(言動や行動がおかしい、意識がないなど)をおこす。
・めまい、吐き気、頭痛などに錯乱、昏睡、全身けいれんなどを伴うこともある。
・死亡することもある。

4つの分類の中では熱痙攣と熱失神は比較的症状が軽めで、熱疲労、熱射病の順に症状が重くなっていきます。

熱中症は、自分ではたいしたことないと思っている間に症状が進んでしまうこともあるため危険です。周囲の人と話していた直後に倒れてしまったというケースもあるそうです。

熱中症の対策として重要なことが水分と塩分の補給です。この両方を補給するためにはハイポトニック飲料や薄めたスポーツドリンクなどがおすすめです。(詳しくは適切な水分補給で書いたのでそちらを見てください。)
また、少し体調が悪く、熱中症かなと感じた時は涼しい場所で休憩するようにして下さい。

最後に、軽度の熱中症にかかってしまった場合の応急手当を説明します。

熱中症の応急手当
① 水分補給
・意識がはっきりしている場合は水分をしっかりと補給させる。
・食塩もを補給するため、生理食塩水(0.9%)やスポーツドリンクなどで水分補給をさせた方がよい。(吸収率もよくなる)

② 休息
・安静にできる場所で体を休ませる。
・体を締め付ける衣服を着ている場合は、衣服を緩める。必要な場合は衣服を脱がせる。

③ 冷却
・冷房がきいている場所や風通しのよい日陰などで休ませる。
・冷却シートや氷嚢を使って体を冷やす。

症状が軽度の場合はこれらの手当てで十分なことが多いですが、意識がない、嘔吐が激しく水分を補給できないなどのような場合は、すぐに病院に行って医師の診断を受けてください。また、そのような場合も体の冷却はおこなってください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/131-8de83e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)