筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



基礎代謝の話
基礎代謝というのは、生物が生きていくための機能を保つための最低限必要なエネルギーのことです。体温維持や脈拍、呼吸などは、人間が何もしていなくても自然に働く身体機能で、これらは基礎代謝に含まれています。

基礎代謝をあげることは消費エネルギーが増えることになるため、ダイエットに有効です。今回は、基礎代謝をあげるための方法を紹介します。

まずは、いろいろな条件による基礎代謝の違いを説明します。

諸条件による基礎代謝の違い
年齢
16~18歳前後でピークをむかえ、年齢とともに基礎代謝はさがる。

性別
男性よりも女性の方が基礎代謝が低い。

栄養状態
栄養のバランスが悪いと基礎代謝がさがる。

気温
気温が低い方が体温を維持する機能が働くため、基礎代謝があがる。

体温
体温が高い方が基礎代謝があがる。体温が1℃あがると、基礎代謝は約13%あがるといわれている。

筋肉はエネルギー消費量が多い部分なので、筋肉が多いほど基礎代謝はあがります。年齢による基礎代謝の低下は、筋肉量の減少も原因となっているため、トレーニングをすれば、基礎代謝の低下を抑えることができます。女性が男性よりも基礎代謝が低いのも、筋肉量の違いによるためです。また、栄養バランスが悪いと、筋肉量が減少しやすくなるため、基礎代謝がさがります。

基礎代謝には褐色脂肪細胞も関係しています。褐色脂肪細胞は、体脂肪を分解して燃やして熱を発生させて、体温調節をおこないます。体温が高い方が褐色脂肪細胞の働きが活発になるため、基礎代謝があがります。

基礎代謝をあげるためには褐色脂肪細胞を活発にすることと、筋肉量を増やす(もしくは減らさない)ことが重要です。

褐色脂肪細胞を活発にする方法
褐色脂肪細胞を活発にするためには、褐色脂肪細胞に刺激を与えることが有効です。

温冷シャワー法
褐色脂肪細胞が密集している部分に、シャワーをかけて温度差をつけながら刺激をあたえる。首の周りなどに40°前後のお湯と20°前後の水を交互に30秒ずつかけることを繰り返す。

※褐色脂肪細胞が密集している部分は首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、心臓の周り、腎臓の周り。

交換浴
温浴と冷浴を繰り返す。自宅でやる場合などは、冷浴の代わりに冷水をあびるのもOK。

筋肉量を増やすためのトレーニングや筋肉量を減らさないための栄養バランスのいい食事のことに関しては、別のページで書いたので、そちらを見てください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/134-782e455e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)