筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



同じ分量の食事でも早食いは太りやすい
食事の時間が短い場合、食べる分量が多くなりがちなので太りやすくなるということはよく知られています。 一定量以上は食べないようにすれば、どれだけ食事の時間が短くても問題ないように思えますが、 以下の論文では、食べる分量が同じでも早食いをした場合の方が太りやすくなる要因があると結論付けています。

論文タイトル The number of chews and meal duration affect diet-induced thermogenesis and splanchnic circulation
雑誌 Obesity 2014 22 E62–E69
著者 Yuka Hamada, Hideaki Kashima and Naoyuki Hayashi

上記の論文では、300kcalの食事をゆっくりと(よく噛んで)食べるグループと早く食べるグループにわけて比較しています。 その結果、前者は食後90分の食事誘導性熱産生DIT:Diet Induced Thermogenesis)と内臓血流量の増加がみられたのに対して、 後者はそれが無かったそうです。 DITの増加は消費エネルギーの増加につながるため、 摂取エネルギーが同じでも、早食いをしたグループの方が太りやすくなってしまう可能性が高いそうです。 そのため、食べるスピードをゆっくりにした方が、ダイエットを成功させやすくなります。

他にも、ゆっくりとよく噛んで食べることは、少ない量の食事で満腹感を得やすい、血糖値の上昇を緩やかにするなどの メリットがあるので、ダイエット中の方はそのような食べ方を心掛けてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

はじめまして、mikiと申します(#^_^#)。
ブログ訪問ありがとうございます。
私も、こちらのブログを拝見させていただいて
います。
豆腐アイス作ってみたいです。
私は、アレルギーでミルクが×なので
アイスが食べられません。
参考にします。
あと、早食いです(^^;)。
デブ返上のためにも、改善したいです。
【2016/07/11 06:35】 URL | miki #- [ 編集]


> mikiさん

コメントありがとうございます。

これからも、役立つ情報を提供できるよう心がけるので、今後ともよろしくお願いします。
【2016/07/15 17:47】 URL | un6toys #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1358-747f97a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)