FC2ブログ
筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



ダンベルやバーベルの握り方
ダンベルやバーベル、鉄棒などを使うトレーニングでは、同じように見える動作でも、器具の握り方によって、刺激を与える筋肉が変わります。 これらの握り方は、手の向き、親指の使い方によって、次のように分類されています。

手の向きによる分類

・オーバー・グリップ
腕をおろしたときにてのひらが身体の方に向く握り方。

・アンダー・グリップ
腕をおろしたときに手の甲が身体の方に向く握り方。

・オルタネイト・グリップ
一方の手をオーバー・グリップで、もう一方の手をアンダー・グリップにする握り方。重いウエイトを持ち上げやすくなる。

・ハンマー・グリップ
腕をおろしたときに、手のひらが内側を向く握り方。


親指の使い方による分類

・サムアラウンド・グリップ
親指とそれ以外の指で挟む握り方。

・サムレス・グリップ
親指を使わず、他の指だけを使う握り方。

・フック・グリップ
親指をバーにひっかけ、親指を人差し指と中指で押さえる握り方。安定性が増し、重いウエイトを扱いやすくなる。


また、バーベルや鉄棒など、両手で握る場合は、2つの手の間隔によって握り方がわかれます。 自分の肩幅かそれよりもやや広い間隔の場合、スタンダード・グリップとなります。 スタンダード・グリップよりも広ければワイド・グリップ、狭ければナロー・グリップとなります。

ある程度、筋トレに慣れてきたら、刺激を与えたい筋肉に合わせて、器具の握り方を変えるようにすると、トレーニングの効率がよくなります。



FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/1538-e4adf19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)