筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



ブラジリアン柔術エクササイズ 立ちあがり系
ブラジリアン柔術の道場などでおこなわれているエクササイズで、座った状態やうつ伏せの状態から立ちあがるエクササイズがあります。今回は立ちあがり系のエクササイズをいくつか紹介します。

正座の状態から立ちあがる
① 正座をする。ただし、つま先は床に、踵はお尻につけてよい。
② 両腕を振り子のように使って勢いをつけて、両足でジャンプして立ちあがる。
③ なるべく安定した姿勢で着地する。両膝を曲げた状態で、なるべく低い姿勢を保ったまま立ちあがるようにする。

※この動きはブラジリアン柔術の中では、相手のクローズド・ガードをはずした時に、安定した姿勢で立ちあがる場合などに役立つ。

床にお尻をつけて座った状態から立ちあがる
① 体育座りの状態から両手をはずして体の斜め後ろの床につけ、両膝と両脚を肩幅よりも広く開いた状態で座る。
② 対角の手足(右手と左足または左手と右足)を支えにして、反対の足を浮かせ、支えにしている手と足の間をとおして後ろにひく。この時、背中が上方を向くように体を回転させてよい。
③ ①で支えにしていない方の手があった位置に②で浮かせた方の足をおいて立ちあがる。

※この動きはブラジリアン柔術の中では、相手と距離がある状態で隙を作らずに立ちあがりたい場合などに役立つ。

うつ伏せの状態から立ちあがる
① うつ伏せの状態で、両腕を曲げて側方の床に両手をつける。つま先も床につけておく。
② 両腕を一気に伸ばして上半身を床から離す。この時、両膝は床につけたまま。
③ つま先と腕の力を利用してジャンプし、両膝を胸前で抱えるように立ちあがる。ただし、完全に立ちあがるのではなく、低い姿勢(しゃがんだ状態ぐらい)を保つ。両足をそろえるよりも、片足をやや後ろにおいた方が安定する。

※この動きはバーピーの途中の動きをイメージすると、動きを理解しやすい。

※この動きはブラジリアン柔術の中では、サイドポジションから腕挫十字固(アームバー)をかける場合などに役立つ。

これらのエクササイズはブラジリアン柔術をやっている方以外にも、グラップリングや総合格闘技をやっている方にも役立つと思います。また、特に格闘技をやっていないという方でも、全身のバランス感覚や瞬発力を養う効果があるため、役に立つトレーニングです。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント
はじめまして
今、柔術エクササイズにはまっているんですよー
助かります!!
参考にさせていただきます。

面白いブログですね!!
【2013/03/25 09:31】 URL | bakapon #- [ 編集]


>bakaponさん

コメントありがとうござます。

ほかのメニューと比べて、柔術エクササイズのページが少なくて申し訳ありません。
よいものがみつかれば、別の柔術エクササイズも紹介したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
【2013/03/25 17:33】 URL | un6toys #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/155-e0969b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)