筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



マウスピース(マウスガード)をつけると頭部への衝撃が減る
マウスピースマウスガード)というのは口の中の外傷を防ぐためのもので、つけることで口の中や唇の怪我を予防できます。それ以外にもマウスピースをつけるメリットはいくつかあります。

マウスピースをつけるメリット
・口腔内の怪我を防止し、口の粘膜を保護する。

・唇を保護する。(自分の歯で噛み切ってしまうことから)

・歯への衝撃を緩和する。

・頚椎への衝撃を緩和する。

・頭部への衝撃の緩和。

慢性の頸部障害をもちコルセットをはめているアメフト選手に、マウスピースをつけて1シーズンプレーさせた結果、コルセットが不要になったそうです。 また、マウスピースの有無で、頭蓋骨への衝撃と頭蓋骨の内部の圧力(頭蓋内圧)も変わってくるというデータもあります。マウスピースをつけることにより、あごに下からの衝撃を受けた場合の頭蓋骨の変形度と頭蓋内圧は、つけていない場合の半分に抑えられるそうです。

日本では、打撃系の格闘技やラグビー、アメフトをやっている方を除けば、マウスピースを使わない場合が多いかもしれませんが、体の接触のあるスポーツなどはマウスピースを使った方がいいといわれています。マウスピースをつけることによって、個人差はありますが競技者の能力が数%向上するということも分かっているため、安全性以外の面でもマウスピースをつけるメリットはあるので、試してみる価値はあると思います。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/191-a302aa1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)