筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



入浴はダイエットに役立つ
たいていの人の場合、入浴は習慣になっていると思います。お風呂には温熱効果水圧効果があります。そのため、うまく活用すれば入浴は体の汚れを落とすだけでなく、ダイエットに役立つ生活習慣の1つとなります。

温熱効果
温かいお湯につかることによって新陳代謝が活発になるため、疲労物質や老廃物の排出が促される。また、基礎代謝もあがるのでダイエットに役立つ。

水圧効果
水中では深さに応じて体に水圧がかかる。水圧がかかることによって心臓の動きが活発になるため血行がよくなる。また、呼吸器にも負担がかかるため、消費エネルギーが多少増える。

※温熱効果と水圧効果の相乗効果で、効率よく血行促進効果が期待できる。

さらにダイエット効果を高めたい場合は、お風呂の中で軽い運動をするという方法があります。手軽なものはストレッチやフィンガー・スプレッド 足の指のグリップ&スプレッドなどです。もっといろいろなバリエーションが欲しいという方は、ウォーターダンベルやペットボトルに水を入れたものを使ってダンベル運動をするといいでしょう。

注意
入浴中は発汗量が増えるため、激しい運動をすると脱水症状をおこす恐れがあります。入浴中に運動をする場合は、入浴の前後に水分補給をして、軽めの運動をするようにしてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/205-e3b275a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)