筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



応急処置の基本原則 RICE
スポーツやトレーニングをおこなっている時に怪我をする場合もあります。そのような場合に備えて、RICEを覚えておくと役に立ちます。RICEというのは、Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(高挙)の頭文字を組み合わせた言葉で、たいていのスポーツ外傷に対応できる応急処置です。

RICE処置の手順

Rest(安静) 
怪我をした場合はすぐに運動を中断し、患部をできるだけ動かさないようにして安静を保つ。

Ice(冷却)
アイスパックなどを患部につけて冷却する。長時間冷やし続けると細胞にダメージをあたえることになるので、アイスパックを直接皮膚につける時間は10~30分にとどめ、間をおいて60~90分ごとに冷却を繰り返す。怪我の程度によっては1~3日を目安に続ける。

Compression(圧迫)
腫れなどを最小限に抑えるため、腫れなどがでてきそうな部分にパッドなどをあてて、軽く圧迫する程度に包帯やテープを巻く。

Elevation(高挙)
組織中の圧力を下げて腫れや内出血などを抑えるため、可能ならば患部を心臓よりも高い位置にあげる。

怪我をしたときに早めにRICE処置をおこなうかどうかで、怪我の回復状況が変わってきます。なので、RICEの手順を覚えておくことは重要です。

注意
RICEはあくまでも応急処置です。怪我の程度にもよりますが、RICE処置をおこなった後は、なるべく早めに医者の診察を受けるようにしてください。

FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/217-4be2909b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)