筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



プライオリティの原則
トレーニングをおこなう時に、最初におこなった種目の効果が最も大きく、後のほうにおこなった種目ほど効果が小さくなります。そのため、優先順位の高いトレーニング種目を最初におこなうことが重要になってきます。このことをプライオリティの原則といいます。プライオリティの原則は優先性の原則または種目配列の原則とよばれる場合もあります。

全身をバランスよく鍛えたい場合は、動員される筋肉が大きい(または多い)種目を先におこない、動員される筋肉が小さい(または少ない)種目を後からおこなうのが基本です。例としてスクワットカーフレイズをおこなう場合で考えてみましょう。スクワットでは脚の末端の筋肉も補助的に働くため、カーフレイズから先におこなった場合はその部分が疲労してしまい、スクワットで鍛えたい部分にかかる負荷が少なくなってしまいます。そのため、体幹部に近い大筋群を鍛えるような種目から始めることが重要になります。

特定の部分を重点的に強化したい場合リハビリを目的としておこなう場合はその部分の種目を最初におこないます。ただし、大筋群の種目への影響が大きい場合は時間帯をずらすなどの工夫が必要です。

トレーニングをおこなう場合は、その日の優先順位を決めてからおこなうことが大切です。トレーニングの目的に合わせた筋トレのプランを組み立てるようにしてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/309-381ed94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)