筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



フリーウエイトとトレーニングマシンのいいところ・悪いところ
今までは主に自分の体重を使って負荷をかけるトレーニングを紹介してきましてが、これからはダンベルなどの器具を使って負荷をかけるトレーニングも紹介していこうと思います。

筋トレに使う器具はダンベルやバーベルなどのフリーウエイトと、ジムやスポーツクラブなどにおいてあるトレーニングマシンがあります。今回は筋トレに使う器具の長所と短所を説明します。

フリーウエイト
長所
・1つの器具でいろいろなトレーニングができる。
・同じ種目でも、動きの変化がつけられるので、バリエーションがつけ やすい。
・転倒、器具の落下の危険性があるので、逆に集中力を高めるのに役立つ。

短所
・注意力が足りないと、転倒、器具の落下により怪我をすることもあ る。
・ウエイト重量を変えるのがトレーニングマシンより面倒。
・初心者はトレーニングフォームを覚えるのに時間がかかる。

トレーニングマシン
長所
・トレーニング中に転倒や器具を落とす事故がおこりにくい。
・ウエイト重量を変えるのが簡単。
・トレーニング動作が決められているので、初心者でも正しいフォーム でおこなうことができる。

短所
・動作の方向が決められているので、変化をつけにくい。
・転倒、器具の落下がほとんどおこらないので、フリーウエイトほどは 集中力のアップを期待できない。
・集中的に特定の筋肉を強化するので、全身の筋肉の協調性を高めるに はむいていない場合もある。

このようにフリーウエイトとトレーニングマシンは一長一短なので、どちらのほうが優れているとはいえません。ただ、フリーウエイトのほうが安価(軽量のダンベルならば100円ショップで売っている場合もある。また、水のはいったペットボトルでも代用できる。)でいろいろなトレーニングができ、あまりスペースをとらないので、これから自宅でのトレーニング用に器具を購入しようと考えいる方は、まずはフリーウエイトを購入したほうがいいと思います。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/33-f2fa8683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)