筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



薄い味つけに慣れるためのコツ
薄い味つけに慣れることはダイエットにも役立ちます。けれども、いままで食べていた味つけから一気に薄い味つけにしてしまうと、食事がもの足りないという方もいるかもしれません。薄い味つけに慣れるためにはいくつかのポイントがあります。今回は、薄い味つけに慣れるためのコツを紹介します。

薄い味つけに慣れるためのコツ

・徐々に薄味にする。

・塩分以外の味つけを工夫する。

・旬の食材を利用する。

・外食や加工食品に注意する。

最も重要なのは、段階的に薄味に慣れていくことです。料理の時に使う食塩や食塩を含む調味料を使う量を少しづつ減らしていき、それと同時に砂糖やみりんなどの量も減らしていきましょう。

塩分を減らすと味が薄くなりすぎてもの足りないという場合は、塩分以外の味つけを工夫するといいです。酢や柑橘類(レモンやすだちなど)などの酸味や唐辛子やこしょうなどの香辛料、しそやみょうがなどの香り、昆布や鰹節などでとったダシなどを利用してください。また、できたての料理を食べるようにすれば香ばしさなどによって薄い味つけでも満足することができると思います。

旬の食材は、素材の味が濃いため、味つけが濃くなるのを防ぐことができます。

外食や加工食品は味つけが濃いものが多いため注意が必要です。外食や加工食品を食べる場合は、塩分が多いものを食べ過ぎない(漬物やラーメンのスープなどは残すなど)、しょうゆやソースなどをかけすぎないなどの工夫を心がけてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

突然に失礼いたします。
ご紹介したいものがございます。
ぜひ一度ご覧くださいませ。
応援ぽち!
【2008/04/19 18:06】 URL | NLP右脳ダイエット・プログラム(モニター資格付き) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/349-ab6f7480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)