筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スパイスの使い方の例
以前スパイスを利用したダイエット方法のスパイスダイエットを紹介しましたが、実際にスパイスをどのように使えばいいのかがよく分からないという方もいるかもしれません。なので、今回はスパイスの使い方の一例を紹介します。スパイスダイエットをやってみようと考えているけれどもスパイスの使い方がいまひとつわからないという方は参考にしてください。

スパイスは大まかに分けて生スパイスフレッシュタイプ)と乾燥スパイスドライタイプ)に分けることができます。(生スパイスはハーブと呼ばれる場合もある。)
生スパイスは新鮮な香りや色合い、辛味などを楽しむことができますが、煮込みすぎたりすると香りがとびやすいので調理の際に注意が必要です。
乾燥スパイスはさらにパウダースパイス(粉末)とホールスパイス(原型)に分かれます。パウダースパイスは使いやすいですが、長期間保存すると香りが消えやすいため、頻繁に使わないものは少量ずつ買った方がいいです。ホールスパイスはパウダースパイスよりも香りが強く、長持ちします。

スパイスの使い方の例

フレッシュタイプ
・薬味・・・料理の仕上げにちらす

・混ぜる・・・サラダやドレッシング、ソースなどに混ぜる

ドライタイプ
パウダースパイス
・混ぜる・・・ドレッシングやソースなどに混ぜる

・下ごしらえ・・・肉や魚などの下ごしらえの時に素材に少量まぶす

・煮込む・・・カレーやシチューなどの煮込み料理に加える(炒め物や和え物に加えてもOK)

ホールスパイス
・スタータースパイス・・・炒め物などで油にスパイスを加えて香りを移してから調理をする

・漬け込む・・・しょうゆ漬けやオリーブオイル漬けの時にスパイスも一緒に漬け込む

・下ゆで・・・野菜や肉をゆでる時にスパイスを加えて、素材にほんのりと香りをつける

今回紹介した使い方以外にも、様々なスパイスの使い方があります。自分の好みのスパイスで、いろいろな使い方を試してみてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/401-c4ac0a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)