筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



トラックレースの種類
自転車レースにはロードレースやトラックレース、オフロードのレースなどがありますが、それらはさらに細かく分類することができます。その中で、トラックレースというのは楕円形のコースでトラックレーサー(ピスト)と呼ばれる自転車を利用しておこなうレースです。競輪もトラックレースに含まれます。今回はトラックレースの種類を紹介します。

トラックレースの種類

・個人タイムトライアル
スタンディングスタートで決められた距離(男子1km・女子500m)を走行するタイムを計測する。単調ではあるが、ほかのレースに見られるような駆け引き(前方の選手を風除けにするなど)がなく、純粋に選手の短距離の実力を見るのに適している。

・個人スプリント
2~4名の選手でトラックを2~3周走行するレース。先にゴールした選手の勝ちになるが、純粋にタイムで勝負するだけでなく、駆け引きが重要になる。例えば、お互いが相手の出方をうかがって泊まってしまうスタンドティルという駆け引きも存在する。(先行している選手のすぐ後にぴったりとくっつくと、空気抵抗が減り体力が温存できるため。)

・チームスプリント
対戦する2チームが同時にスタートし、チームの各選手が1周ずつ先頭を走るレース。男子は3人1チームで3周、女子は2人1チームで2周おこなう。男子の場合、各チームの第1走者、第2走者、第3走者が一斉にスタートし、1周終えるごとに第1走者、第2走者が抜けていく。(第1走者は1周、第2走者は2周、第3走者は3周することになる。)各走者の役割分担があり、高度な技術が必要な種目である。

・インディビジュアルパーシュート
2人の選手が相互にトラックの反対の位置からスタートし、一定の距離を走るレース。相手に追いついた倍はその時点で勝敗が決まる。そうでない場合は一定距離のタイムが早い選手の勝ちになる。男子は4km、女子は3km。(ジュニアの場合は男子3km、女子2km。)ライバルが同時に走り、相手に追いつけば勝ちとなるため、勝負という感覚が強い競技。

・チームパーシュート
インディビジュアルパーシュートを2チームでおこなう。男子は4人で4km、女子は3人で3km。各チームの順位とタイムは、3番目の走者により決まる。自分のチームの3番目を走る選手が相手チームの3番目の選手を追い越した場合(両チームのそれぞれ3番目の選手の自転車のクランク軸が並べば追い越したと判定される)は、勝敗が決まる。そうでない場合は、3番目を走る選手の自転車の前輪がゴールしたタイムが早いチームの勝ちになる。この種目も、高度な技術が必要とされる。

ほかにもトラックレースの競技はいくつかありますが、それに関しては次回にまわします。

ロードレースの場合は気軽に参加できる大会も多いですが、トラックレースの場合は本格的にトレーニングを積んでいる人向けのレースと言えます。けれども、トラックレースにはロードレースとは異なる迫力があり、見応えもある競技なので、自分が参加できなくても観戦して楽しむことができます。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。
自転車のトラックレースってよくわかんないところがあったんですよ。
なるほど・・・と初めて分かるところばかりでした。
【2009/06/30 22:29】 URL | かっちゃん #- [ 編集]


>かっちゃんさん

コメントありがとうございます。

僕も漠然とした理解のしかたをしていたのですが、今回それをまとめてみて、理解が深まったと思います。
【2009/07/01 21:52】 URL | un6toys #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/572-245fd303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)