筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



トレーニングマシンの分類
筋トレをおこなう場合、最初のうちは自分の体重を利用しておこなう方が多いです。また、それに慣れてくると、ダンベルやバーベルなどのフリーウエイトを利用したり、ジムなどに行ってトレーニングマシンを利用したりすると思います。トレーニングマシンは負荷のかけ方によっていくつかに分類できます。

① ウエイトスタック方式
鉄製のプレートがケーブルと滑車を介して、負荷をかけたい部分に接するマシン。ピンを差し替えて、プレート枚数をかえることにより、負荷を調節する。


② プレートローディング方式
ウエイトアームにプレートを装着し、てこの原理を用いて負荷をかけるマシン。装着するプレートの重量によって、負荷を調節する。

③ 空気圧抵抗方式
空気抵抗によって、負荷をかけるマシン。シリンダー内の空気圧を変化させることにより、負荷を調節する。動作中に負荷調整ができる、細かい負荷調整が簡単にできるなどの長所がある。

④ 油圧抵抗方式
油圧によって負荷をかけるマシン。動きに合わせて負荷が変化する。動作が速ければ負荷が大きくなり、動作が止まると抵抗がほとんどなくなる。

似たような形状のトレーニングマシンでも、負荷のかけ方によって分類があり、それぞれに長所や短所があります。ジムなどによって、利用できるマシンは限られてきますが、選べる場合は、自分のトレーニング目的に合わせて使い分けると、効率よく筋トレができると思います。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/596-13336358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)