筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



パワートレーニング スピード・スクワット
パワートレーニングというのはパワー(筋力とスピードを掛けあわせたもの)を高めるためのトレーニングです。パワートレーニングというと、パワークリーンパワースナッチなど、バーベルを利用したものを考えがちですが、自分の体重を利用したパワートレーニングもあります。今回は、スピード・スクワットとそのバリエーション紹介していきます。

スピード・スクワット
① 上体をやや前傾させて、椅子に座る。(両腕は胸前で交差させておく。)
② パートナーに合図をしてもらい、それに合わせて、膝関節を一気に伸ばして素早く立ち上がる。

連続スピード・スクワット
① スピード・スクワットをおこない、立ち上がった後、再び座る。
② 椅子から素早く立ち上がる。
③ 座る動作と立ち上がる動作を連続して繰り返す。

スピード・スクワット&ショルダープレス
スピード・スクワットをおこない、立ち上がった後、腕を一気に上方に伸ばす。

※ボールやダンベルなどを持ちながらおこなってもよい。

今回紹介したパワートレーニングは、バーベルを利用したパワートレーニングよりも正しい動作をしやすく、初心者や高齢者でもおこなうことができます。ただし、いきなりおこなうと、筋を痛めるなど、故障の原因となる恐れがあるので、ウォーミングアップなどをおこなってからやるようにしてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/598-0732d742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)