筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



背筋運動
「背中は攻撃、胸・腹は防御の筋肉」といわれるように背筋は、格闘技をやる上で主要な部位のひとつです。また、背筋を鍛えることで腰痛を予防することもできます。
けれども、他の筋肉と比べて筋肉がつきにくいため、地道な努力が必要です。

基本(バック・エクステンション)
① うつ伏せになり、手を頭の後ろで組む。
② ゆっくりと上体を反らす。同時に両足を持ち上げる。
③ ゆっくりと①の体勢に戻る。
④ ②、③の繰り返し。

※腰に不安がある場合は、右腕と左脚、左腕と右脚を交互に上げる方法で行う。

背筋運動は、腕立て伏せ腹筋運動と比べると、バリエーションが少ないと思います。けれども、背筋は普通に背すじを伸ばして立っている状態を維持するときにも使うため、トレーニング量を極端に増やさなくても日常生活で正しい姿勢をするよう心がければ、強化できます。

注意
背筋と腹筋はバランスよく鍛えてください。腹筋の方が背筋よりも極端に弱いと、ヘルニアになる可能性があります。背筋運動を行うときは必ず腹筋運動とセットで行ってください。また、回数は腹筋運動のほうが多めになるようにしてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/6-deb45a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)