筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



羊肉、馬肉、鹿肉に含まれる脂肪の量
以前、鶏肉に含まれる脂肪の量などを調べたのですが、その時に分かった羊肉や馬肉、鹿肉に含まれる脂肪の量も書いておきます。

羊肉、馬肉、鹿肉の場合の100gあたりの脂質、タンパク質、エネルギーの量は以下の表のようになっています。

部位       脂質  タンパク質  エネルギー
羊肉・マトン
ロース      約17g  約18g    約235kcal

もも         約15g  約19g    約225kcal

羊肉・ラム
ロース      約16g  約18g    約230kcal

もも         約14g  約19g    約215kcal

馬肉
赤肉       約3g    約20g    約110kcal

鹿肉
赤肉       約1.5g   約22g    約110kcal

※この表のロース、ももについては、脂身つきの数値です。(スーパーなどで売られているのはたいてい脂身つきのものなので)

※羊肉は、生後1歳未満のものをラム、それ以降のものをマトンといいます。正確には生後1歳以上2歳未満の羊肉はホゲットといわれていますが、輸入の区分けの関係で、ホゲットもマトンとして流通しています。つまり、輸入された羊肉の場合、ラムかマトンで区分けされています。

馬肉、鹿肉は低脂肪・低カロリー・高タンパクな肉として知られています。データは少ないですが、表からもそのことが分かります。

羊肉はジンギスカンで有名です。ジンギスカン屋で食べるイメージが強いですが、普通に販売しているスーパーなどもあるので、買ってきて家で調理することもできます。

馬肉は馬刺しなどで見かけることが多いですが、このほかさくら寿司(馬肉の寿司)やさくら鍋(馬肉をいれる鍋)として調理されます。ちなみに、馬肉のことを桜肉と呼びますが、これにはいろいろな説があるそうです。(馬刺し肉を切って空気に触れた時にきれいなさくら色になるからという説やそして桜の咲く4月から5月にかけてが一番おいしいからという説など。)もっと身近なところだと、ニューコンミート(馬肉を混ぜたコンビーフ)などもあります。

鹿肉については、北海道では販売している店もあるらしいのですが、僕自身は鹿肉を販売している店を見たことがありません。狩猟をおこなっている方は、猟で手に入れることができれば鹿肉を食べることができるそうですが、鹿肉を食べることが目的であれば、北海道へ行ったときに食べたり、鹿肉をあつかっている店(鹿料理を出す店も含め)を探す、ネットショッピングや通販などで取り寄せるといった方法が現実的だと思います。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/65-d3c25176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)