筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



コーヒーを飲んでダイエット
コーヒーに含まれているカフェインは、眠気覚ましに効果があるものとして知られていますが、脂肪燃焼効果もあるため、ダイエットにも効果があります。

カフェインの脂肪燃焼効果
カフェインをとることにより、体脂肪が分解され、血液に送り出される。この状態で有酸素運動をすると、普段よりも脂肪がエネルギーとして使われやすくなる。

有酸素運動の前にブラックコーヒーを飲むと、脂肪を燃焼させやすい状態で運動を始めることができます。砂糖をいれてしまうと、身体は先に糖をエネルギーとして利用しようとしてしまうため、カフェインの脂肪燃焼効果が下がってしまいます。

ブラックで飲めばエネルギー0kcalでダイエットにも効果があり、しかも眠気覚ましにもなるというコーヒーですが、副作用があるため、飲みすぎは禁物です。

カフェインの副作用
・利尿作用があり、ビタミンやミネラルを体外に排出してしまう。

・身体が鉄分を吸収するのを妨害するため、貧血をおこしやすくなる。

・血管を細くして血行を悪くするため、血圧が高くなる。

・胃液の分泌を活発にするため、胃潰瘍をおこすこともある。

・眠れなくなる。

・落ち着きがなくなったり、神経過敏、興奮になる。

・過度の恐怖や不安を覚える。

・心臓がどきどきする。

・頭痛をおこす。

・消化不良をおこす。

これらの副作用はすべての人におこるわけではありません。また、カフェインをとりすぎなければあまり問題ないでしょう。目安として、1日のカフェインの摂取量が300~350mg(カップ2~3杯)くらいまでなら大丈夫だといわれています。(ただし、この量をこえると必ず副作用がおこるというわけではありません。)

そして、カフェインの脂肪燃焼効果をえるためには、どの程度のカフェインをとればいいかというと、体重1kgにつき3~5mgで十分な効果がえられることが実験でわかっています。体重50kgの方だとカフェイン150~250mlなので、副作用を気にせずダイエットにコーヒーを利用できます。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/67-6c22677c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)