筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



運動の安全限界と有効限界
健康の維持や増進を目的とした運動では、安全性と有効性のバランスが重要になります。 競技で勝つことを目的とする場合は、多少の安全性を犠牲にし、その結果、健康が損なわれることもありますが、 健康のための運動では、健康が損なわれるようでは意味がありません。 しかしながら、いくら安全な運動であっても、健康の維持などに効果のない、あるいは効果の少ない運動では、 あまり役に立ちません。 そのため、健康の維持や増進を目的とした運動では、安全でかつ効果の高い運動が必要となります。

運動の負荷を高くし過ぎれば、安全な運動ではなくなり、負荷を低くし過ぎれば、過負荷の原則漸進性の原則に 適合しないため、効果があらわれません。 安全で、しかも効果の高い運動領域を知るためには、安全限界有効限界を考えるとわかりやすいです。

安全限界・・・それ以上の運動には危険が伴う運動強度または運動量の限界

有効限界・・・それ以下の運動では十分な効果がえられない運動強度または運動量の限界

安全限界も有効限界も、体力や年齢、運動経験などによって異なりますが、 病気などで運動をしてはならないような方を除けば、安全限界が有効限界を上回っています。 そのため、有効限界以上で安全限界以下の運動(運動強度・運動量)が 健康のための適度な運動となります。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

相互リンクのお願い


はじめまして。

マーヤンと申します。

相互リンクをお願いできないかと思い、連絡させて頂きました。
当方のサイトは下記の通りです。

(URL)http://dietclubsu.blog99.fc2.com/
(名称)効果的 わがままダイエット│太もも お腹 二の腕
(内容)太もも・お腹・下半身・二の腕等、部分痩せダイエットを中心に、わがままだけど効果のある情報を大公開!

なお貴方のブログは下記ページからリンクしております。
http://dietclubsu.blog99.fc2.com/blog-entry-51.html

宜しくお願い致します。
【2010/03/15 22:24】 URL | マーヤン #- [ 編集]


コメントありがとうございます。

相互リンクの件、了解しました。
【2010/03/17 22:22】 URL | un6toys #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/676-07552702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)