筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



インターバル走の種類
以前、インターバル走について書きましたが、1回に走る距離やジョギングの距離、時間などによって、ショートミドルロングの3つに分類することができます。

ショートインターバル
レースのペースよりも速いスピード(無酸素運動)で短い距離(または時間)のダッシュを繰り返すインターバル走。200~400mを10~20本程度(間に100~200mのジョギング)おこなう場合が多い。無酸素性の持久力を高める効果が大きく、400m、800mの選手や、サッカー、バスケットボールなどの球技の選手に有効。

ミドルインターバル
レースのペースと同じか、やや速いスピードで、中間的な距離(または時間)のダッシュ(またはラン)を繰り返すインターバル走。500~1000mを5~10本程度(間に200~400mのジョギング)おこなう場合が多い。有酸素系の能力を求められる選手に有効。走るペースによっては無酸素性の持久力を高める効果も期待できる。

ロングインターバル
レースのペースと同じくらいのスピードで、長い距離(または時間)のランを繰り返すインターバル走。2000~3000mを3~5本程度(間に400~1000mのジョギング)おこなう場合が多い。有酸素系の能力を求められる選手に有効。無酸素性の持久力を高める効果は期待できないが、レースのペースを身体で覚えたいときなどに役立つ。

インターバル走というのは、ほとんどの場合、ショートインターバルを指します。高めたい能力によっては、ミドルインターバルやロングインターバルを使った方がいいこともあります。トレーニングをおこなう目的は、人によって異なりますが、目的にあわせて、自分にあったトレーニングを選んでください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/803-4a632f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)