筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



ヒール・エレベイテッド・チンニング
以前、背中を鍛えるトレーニングとして、チンニングを紹介しました。チンニングは、少なくとも自分の身長くらいの高さの位置にあるバー(チンニングスタンドや高鉄棒など)があり、かつ自分の体重を持ち上げられるだけの筋肉が必要になるため、自宅で筋トレをおこなっている方や筋トレを始めて日の浅い方などにとっては、おこないにくい種目になる場合もあります。しかしながら、そこそこの高さの体重をあずけられるバー(低めの鉄棒くなど)が用意できれば、かわりのトレーニングとして、ヒール・エレベイテッド・チンニングをおこなうことができます。

ヒール・エレベイテッド・チンニング
① バーから少し離れた位置に、バーよりやや低い高さの台を置く。
② 両手を肩幅くらいに開いてバーにぶら下がり、仰向けになるように両足のかかとを台の上におく。(両手と両足で全体重を支える)
③ 背筋を意識しながら、ゆっくりと身体を引きあげて、あごをバーの上に出す。
④ ゆっくりと②の姿勢に戻る。
⑤ ②~④を繰り返す。

※パートナーとおこなう場合は、台を使わずに両足のかかとを支えてもらう。

ヒール・エレベイテッド・チンニングは、チンニングよりも背筋への負荷が低くなります。そのため、チンニングができない方が背筋を鍛えるのに適しています。どこでもできるトレーニングというわけではありませんが、チンニングと比べると、やれる場所が多いと思うので、条件があう方は試してみてください。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/829-e7a32b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)