筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク





リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



小学生・中学生に筋トレは必要か?
小学生や中学生に筋トレが必要かどうか、言い換えれば成長期に筋トレは必要かどうかということに関してはいろいろと言われていますが、僕は必要不可欠だとは言わないが、やってもいいと考えています。その理由は、成長期の場合、急激な骨の成長に筋肉が追いつかずに身体をうまくコントロールできなくなりがちなので、骨の成長にあった筋肉をつけることは大切だと思うからです。(筋力が追いついていない状態で、それまでと同じような技術練習をすると障害をおこしやすい。特に肘や膝など。)
ただし、成長期に筋トレをおこなう場合、注意しなければならない事があるので、その注意点を知らずに筋トレを始めるのは危険です。

まず、成長期に筋トレをやらない方がいいといわれる主な理由は、関節や骨に負担がかかり成長障害をおこすというものです。筋トレは成長障害の原因となる場合がありますが、その点については後述します。ちなみに、筋肉をつけすぎることによって骨が引っ張られて骨の成長がとまるというのは間違いです。骨が成長する力は筋肉が骨を引っ張る力よりもはるかに強いということがすでに知られています。

成長期に限らず、筋トレをおこなう時に、トレーニング、休息、栄養補給は重要な3つの要素となっています。成長期に筋トレをおこなう場合、この3本柱に関してそれぞれ注意が必要となってくるので、1つずつ説明していきます。

成長期における筋トレの注意点

トレーニングの注意点
成長期における筋トレで、骨や関節に障害をおこしやすいのはトレーニングの時です。なので、骨や関節に障害をおこさないように筋トレをするためには以下のような注意が必要です。

やってはいけないこと
・重すぎるバーベルなどを使った高負荷での筋トレ。

・スピードをつけたり反動をつけておこなう筋トレ。

・回数が多すぎる筋トレ。

高負荷でおこなう筋トレは、成長期における筋トレとしてはおすすめできません。自分の体重を利用した筋トレでも、スピードをつけたり反動をつけておこなうと、関節を痛める原因となることがあります。例えば、腕立て伏せの場合、肩や肘の部分の筋肉が発達していないのにスピードや反動をつけておこなうと、関節部に障害を抱えてしまうことがあります。また、成長期の場合、疲れを感じにくく(特に小学生)無理をしがちなので、回数が多くなりすぎないようにしなければなりません。

これらのことをふまえて、成長障害をおこさないように筋トレをやるためには、同じフォーム・速さでで反動をつけずにゆっくりと適度な回数で筋トレをおこなうことが重要です。

その他のトレーニングに関する注意点

・自重や軽めのダンベルなどを利用した低負荷でおこなう。

・全身をバランスよく鍛える。(特定の筋肉に偏って鍛えると怪我の原因となりうる。)

休息に関する注意点
休息に関する注意点は睡眠についてです。筋肉をつけるためにも身体を成長させるためにも成長ホルモンが重要になります。成長ホルモンは睡眠中の方が起きている時よりも多く分泌されます。また、成長ホルモンは22:00から分泌量が上昇していき2:00頃にピークがくるので、なるべく12:00頃までには寝るようにしましょう。夜更かしや徹夜が続くと、筋肉の発達や身体の成長にはマイナスです。この注意点は成長期でない方にもあてはまる事です。

栄養補給に関する注意点
筋肉をつけるためには、タンパク質などの栄養が必要です。そして、身体を成長させるためにも栄養が必要です。成長期の場合、身体の成長に取り入れた栄養を使っているため、筋トレをする場合は、身体の成長と筋肉の発達の両方に必要な栄養を十分にとらなければなりません。栄養が足りなければ、身体は成長できないのです。


小学生や中学生が筋トレをおこなう場合に重要なことをまとめると、

・正しいトレーニング方法を学ぶ。

・無理をしない。

・なるべく怪我をしない。怪我をしても慢性化させない。

・休息と栄養補給にも気を使う。

となります。これらのことに気をつければ、成長期の方も筋トレをおこなうことができます。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

斜体の文
僕は中学三年で、高校に入る前に筋肉をつけておきたいと考え、筋トレを始めようと思っていました。
以降、参考にさせて頂きますー
【2009/10/20 21:17】 URL | 中学生 #- [ 編集]


コメントありがとうございます。

怪我などに注意しながら、無理をせず、がんばってください。
【2009/10/20 21:56】 URL | un6toys #- [ 編集]


とても
参考になりました
ありがとうございます(^ω^)

【2011/10/20 22:26】 URL | #- [ 編集]


コメントありがとうございます。

今後も参考になりそうな記事が書けるよう頑張ります。
【2011/10/23 21:00】 URL | un6toys #- [ 編集]

参考に
太ってる と言われたのがコンプレックスで、
腕立て150回×2(小刻み?)
腹筋200を
ほぼ毎日(たまに寝ちゃいますが)やってるんですが
改善した方がよいでしょうか
年齢は小六で
時間は夜12~1時です
いきなりすいません
【2012/02/28 23:34】 URL | ウラジーミル #2R6GEfPI [ 編集]


>ウラジーミルさん

コメントありがとうございます。

トレーニングの目的によって、改善点は異なりますが、体脂肪を減らすことが目的であれば、下半身や背中の筋肉も鍛えた方がいいと思います。筋トレをおこなうのも、毎日でなく、2~3日に1回くらいがいいです。また、有酸素運動も取り入れた方が効率よく目的を達成できるでしょう。

具体的には、1日か2日おきに腕立て、腹筋、背筋、スクワットをおこない、筋トレをしない日に有酸素運動(ウォーキングやジョギング、なわとびなど)をしてみてはどうでしょうか。

筋トレの回数や有酸素運動の量は、身体を壊さず、無理なくできる範囲でおこなってください。

トレーニングだけでなく、睡眠を十分にとることや、お菓子類を控えて栄養バランスのいい食事をすることなども体脂肪を減らすのには重要です。
【2012/02/29 19:23】 URL | un6toys #- [ 編集]

どうも
ありがとうございます!
ジョギングなどを取り入れてみます
とても参考になりました
【2012/03/02 23:13】 URL | ウラジーミル #- [ 編集]


>ウラジミールさん

体重を落とすためのジョギングは、速く走ることよりも、時間をかけて走ることが有効なので、LSDやスロージョギングなどが役立つと思います。以下の記事が参考になると思うので、よかったらそちらもご覧下さい。

Long Slow Distance(LSD)
http://un6toys.blog100.fc2.com/blog-entry-274.html

スローウォーキング・スロージョギング
http://un6toys.blog100.fc2.com/blog-entry-770.html
【2012/03/05 22:50】 URL | un6toys #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/01 16:52】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/86-29cd8fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)