筋トレ&ダイエット
運動不足を解消するためのトレーニング方法と、階級制の試合出場やダイエットに役立つ減量方法などを紹介します。
FC2カウンター



最近の記事



スポンサードリンク



プロフィール

Author:un6toys
講師になりました。

過去の記事は、メニューからどうぞ。

相互リンク希望の方は、メールかコメントで連絡お願いします。

※新しいコメントは承認後に表示されます。(コメントについて



最近のコメント



メニュー

①トレーニング方法
②ブラジリアン柔術エクササイズ
③SAQトレーニング
④有酸素運動
⑤トレーニングの知識
⑥名言集
⑦ダイエット
⑧グレイシーダイエット
⑨低インシュリンダイエット
⑩料理
⑪ビタミン・ミネラルの話
⑫お知らせ
⑬リンク集
⑭災害関連情報



スポンサードリンク



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ファイテンオフィシャルストア

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

サントリーウエルネスオンライン

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



豆乳の種類
豆乳は植物性たんぱく質やリンカリウムマグネシウムなどを含む飲み物で、 うまく利用するとダイエットに役立ちます。 日本で市販されている豆乳は、水分を除いた後に含まれる大豆固形分の割合によって、 無調整豆乳調整豆乳豆乳飲料の3種類に分類されます。

無調整豆乳(大豆固形分8%以上)
大豆と水のみで作られた豆乳。 添加物などが含まれず、大豆本来の味がする。 また、栄養価が高い。

調整豆乳(大豆固形分6%以上)
カルシウムや油脂、甘味料などを加えて、 飲みやすくした豆乳。 無調整豆乳の栄養素を全て含んでいるが、やや少なめになる。

豆乳飲料(大豆固形分4%以上 ただし果汁入りの場合は大豆固形分2%以上)
豆乳に果物や野菜、コーヒー、麦芽などを加えた飲み物。 無調整豆乳や調整豆乳よりも飲みやすいが、 豆乳自体の栄養素は少なくなる。

健康などのために豆乳を定期的に飲む場合は、 飲みやすさを優先させた方が長続きします。 しかしながら、調整豆乳や豆乳飲料の中には、砂糖が含まれているものもあるため、 そのようなものを飲む場合は、飲み過ぎないように注意が必要です。 無調整豆乳の味が苦手だけれども、ダイエットのために摂りたいという方は、 自分で豆乳入りドリンクを作り、砂糖などの量を調節するといいと思います。


FC2 Blog Ranking

人気Blog Ranking

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://un6toys.blog100.fc2.com/tb.php/993-9c48b12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)